PMSを理解して治療に挑む|ノーモアストレス

日傘を持った人

月経前に現れる女性の不調

笑顔

月経前の主な体と心の不調

女性特有の、月経が来る数日前から現れる身体的な不調や、精神的に不安定になることを月経前症候群、またはPMSと言います。PMSは月経の3〜10日前くらいから現れ、月経が始まると症状は軽くなり次第に症状が消えていくのが特徴です。ほぼ全ての女性が、月経の前にPMSの症状が現れているとされ、症状の程度には個人差が大きく出ます。PMSの症状は、こまかく分類すると200種類以上もあると言われています。まず主な身体的な不調が、肌荒れ・ニキビ、頭痛、腰痛、むくみ、乳房の張りなどです。次に主な精神的・こころの不調として、イライラ、情緒不安定、うつな状態、集中力の低下が挙げられます。現在PMSのメカニズム・原因は明確にはされていません。PMSを誘発する可能性が高いと考えられているのが、女性ホルモンの「エストロゲン」と「ブロゲステロン」です。どちらとも排卵後に分泌される女性ホルモンであり、これらのホルモンの分泌量が排卵を境に急激に変動する為、PMSは起こると考えられています。この女性ホルモン量が増えると、体内の水分を体外に排出しにくくなる為「むくみ」が出るとされています。また女性ホルモンが脳に影響を与えると、脳内の「セロトニン」の低下を招き、うつの症状を引き起こすし情緒不安定となるのです。もともとデリケートな女性の体・心が女性ホルモンの変動により影響を受け、またその人の体質などが複雑に絡み合うことでPMSは200種類以上の症状が引き起こされるというわけです。

月経前の不調の対処法

PMSはほぼ全ての女性に現れますが、その症状を悪化する要因として、過度のストレス、性格、食生活、病気での免疫力の低下が挙げられます。まず職場や家庭でのストレスを溜め込んでいると、精神的な不調が悪化する原因となります。また身体的・精神的症状が重い人の代表的な性格が、几帳面で完璧主義者、真面目、内向的な人とされています。そして過度の喫煙や、飲酒、また食生活の栄養バランスの偏りも症状の悪化に影響が出ます。さらにカフェインもPMSの症状悪化の要因とされているので、コーヒーが大好きな人は注意が必要です。最後に風邪などの病気で免疫力が低下していると、PMSの症状は大変悪化してしまいます。PMSの主な治療法が、栄養療法・漢方療法・薬物療法とされています。栄養療法とは日頃の食生活を見直し、栄養バランスを整えてPMSが現れにくい体質にする治療法です。漢方療法とは副作用がほとんどない「漢方薬」を使用し、症状を緩和しながら体質の改善にも効果がある治療法です。薬物療法は低用量「ピル」を使い妊娠状態にして、女性ホルモンの分泌を抑えPMSを起こりにくくする治療方法です。月経前に身体的・精神的不調が目立つ人は、我慢しがちですが、すぐに婦人科・産婦人科・心療内科で診察を受けましょう。そしてPMSの症状を悪化させない予防法として、自分に合ったストレス発散と食生活の見直しが重要です。症状の予防として積極的にとりたい食品が豆類・緑黄色野菜・海藻類・植物油脂とされています。逆に控えた方が良い食品が砂糖・塩分・カフェイン・アルコールなどとされています。

Copyright© 2015 PMSを理解して治療に挑む|ノーモアストレスAll Rights Reserved.