PMSを理解して治療に挑む|ノーモアストレス

日傘を持った人

生理前の症状

女性

病院や薬局で相談出来ます

生理前の不快症状は、現在病院においても治療の対象としています。こういった症状は一般的にPMSと呼ばれており、様々な方法で治療が行なわれている状況です。婦人科や心療内科、精神科などがタイアップして治療にあたることも少なくなく、使用される薬も多岐にわたります。薬はホルモンバランスを整える低用量ピルなどが処方されるのが一般的です。漢方薬などが用いられることもあります。PMSは身体的な症状と精神的な症状が同時に起こることがほとんどです。従って、それぞれの症状に合った対処が必要となります。イライラや気分の落ち込みなどが目立つ場合には、ストレスの影響が考えられることから心療内科や精神科などが適した診療科です。心療内科の場合には、必要に応じて低用量ピルや精神安定剤などが処方されることもあります。このように心療内科は、不調を総合的に診断し治療出来るのが大きな魅力です。最近では市販薬の中にもPMSを治療出来るものがあります。この手の薬にはホルモンバランスを整えるハーブなどが使用されており、PMSで現れる様々な不調の改善に効果的です。ただ、このような薬は医療機関で処方された薬とは併用出来ないことがあります。従って、使用する場合には医師や薬剤師に相談することが必要です。多様な症状が現れるPMSでは、自分に合った薬や治療法を見つけることが症状改善の第1歩となります。PMSは重症化すると社会的な損失を生んでしまうこともあるため、早目に対処することがポイントです。

栄養療法も試せます

医療機関の中には、栄養療法と呼ばれる新しい治療を導入している所があります。こういった療法を行なう病院は、多くの場合心療内科などの診療科を標榜しており、通常の病院と同様に利用することが可能です。治療の内容によって健康保険が適用されるか否かが変わってきます。栄養療法は、食事やサプリメントを利用して体調を整えることを目指すのが特徴です。治療を始めるに当たっては、血液検査などを行って体の栄養状態をチェックします。近年では日頃の食事の傾向が、PMSにも大きく関わっていることが取り沙汰されています。糖質に偏りがちな食生活やビタミン、ミネラルの不足した食生活は少なからずホルモンバランスにも悪影響を与えます。メンタル面の不調も起こりやすくなることから、PMSも悪化してしまうのが常です。栄養療法では、こういった問題点を押さえて適切な治療を行います。足りない栄養素をサプリメントなどを用いて補うと共に、正しい食事の指導などを実施していることが多いです。一般の医療機関で処方される低用量ピルなどの薬は、若干の副作用があります。そのため、服用中は体調の変化にも気を配ることが必要です。最近始められている栄養療法の場合にはそういった心配がないことから、副作用を避けたい方には特に適した治療と言えます。昨今は自由診療の普及で様々なアプローチが可能になっており、医療機関を選ぶ工夫をすることで、より安全に快適な治療が受けられる状況です。インターネットなどを活用すれば、情報も得やすくなります。

Copyright© 2015 PMSを理解して治療に挑む|ノーモアストレスAll Rights Reserved.